Amazon Pay(アマゾンペイ)のメリットは?使い方や支払い方法なども解説!

「Amazon Payにはどのようなメリットがあるの?」

「Amazon Payの使い方は?」

「Amazon Payの支払い方法は豊富なの?」

Amazon Payの利用を検討している方のなかには、上記のような悩みを抱えているかもしれません。

そこで今回は、Amazon Payのメリットを詳しく解説します。

Amazon Payの使い方や支払い方法も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、後払いワイドの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

Amazon Payとは?特徴や使い方を解説

Amazon Payは、Amazonのアカウントに登録されたクレジットカード情報を利用してECサイトで支払いができる決済サービスです。

そんなAmazon Payの特徴と使い方を紹介します。

Amazon Payの特徴

Amazon Payの特徴はAmazonアカウントを持っていれば最短2クリックで購入できる手軽さです。

購入者にとって面倒な登録の手間を省けるため、思い立ったらすぐに買い物できます。

支払い方法はクレジットカードやデビットカード、プリペイドカード、Amazonカードです。

Amazon Payの使い方

Amazon Payの使い方は以下の通りです。

  1. ECサイトの決済方法で「Amazon Pay」を選ぶ
  2. Amazonアカウントで登録された情報をもとに配送先やクレジットカードを選ぶ
  3. 注文内容を確認して完了

ECサイトによってはメールマガジン配信のチェックボックスやほかの確認項目があるなど、画面表示が多少異なります。

Amazon Payのメリット

Amazon Payのメリットは以下の通りです。

  • 面倒な情報入力を省略できる
  • セキュリティがしっかりしているから安心安全
  • Amazonギフト券との組み合わせでよりお得に利用できる

それぞれ詳しく解説します。

面倒な情報入力を省略できる

Amazon Payが利用できるサイトであればAmazon.co.jpに登録している決済情報や住所を使って買い物ができるため、面倒な情報入力を省略できます。

オンライン決済の際、最初からクレジットカード情報や住所の登録が不要なため、支払いの手間が省けます。

また、複数のECサイトにクレジットカードを登録しなくてもよいため、クレジットカード情報流出のリスクも軽減できるでしょう。

セキュリティがしっかりしているから安心安全

Amazon Payは世界水準のセキュリティのもと、決済可能です。

暗号化通信の技術や脆弱性が発見されているSSLへのサポートを中止するなど、ユーザーの安全を考えたサービスです。

また、個人情報はAmazonが持っており、ECサイトに個人情報を入力しなくてよいため、情報漏洩の心配がありません。

Amazonギフト券との組み合わせでよりお得に利用できる

Amazon PayはAmazonギフト券(Amazonギフトカード)との組み合わせで0.5〜1.0%が還元されます。

支払い方法に「Amazonギフトカード」を設定してAmazon Pay決済することで、特典として決済金額に応じたAmazonギフトカード残高が還元されます。

通常会員は0.5%、プライム会員は1.0%還元されるため、よりお得に

Amazon Payの支払い方法と設定の流れ

Amazon Payの支払い方法と設定の流れを紹介します。

  • チャージしたAmazonギフト券
  • Amazonに登録しているクレジットカード・デビットカード
  • あと払い(ペイディ)

それぞれ詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

チャージしたAmazonギフト券の残高で支払う

チャージしたAmazonギフトカード残高で支払うためには、料金分のAmazonギフトカード残高が記載された状態でAmazon Pay決済を行うだけです。

Amazonギフトカード残高の追加方法はさまざまあり、クレジットカードやデビットカードであれば5分程度でチャージが完了します。

コンビニやATM経由の銀行払いにも対応しており、ギフトカード残高が付与されるため、最もおすすめの支払い方法です。

Amazonに登録しているクレジットカード・デビットカードで支払う

Amazonに登録しているクレジットカードやデビットカードで支払うことも可能です。

利用できるブランドは以下の通りです。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • Diners Club
  • American Express

クレジットカードやデビットカードを設定する方法は、まずAmazonサイトにアクセスし、「アカウントサービス」の横にある「すべてを表示」をタップします。

その後「お客様の支払い方法」へ進み、「お支払い方法を追加」をタップしましょう。

「クレジットカードまたはデビットカードを追加」で、クレジットカード情報を入力します。

請求先住所を指定したら「保存」をタップするだけで設定できます。

あと払い(ペイディ)で支払う

買い物ごとの料金を翌月まとめて支払えるあと払い(ペイディ)も利用できます。

ペイディは料金を翌月1日〜10日にまとめて精算できるサービスで、コンビニ支払いや銀行縁込、口座振替で支払えます。

Amazonとペイディを連携することで設定可能です。

Amazon Payを利用する際の注意点

Amazon Payを利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 実店舗でのQRコード決済が利用できない
  • Amazonポイントは利用できない

それぞれ詳しく解説します。

実店舗でのQRコード決済が利用できない

Amazon PayはECサイトや電子書籍、旅行予約サイトなど、ネット上で決済するサービスでのみ利用可能です。

以前はAmazon PayにもQRコード決済機能があり、実店舗でも利用できました。

しかし、2022年1月31日をもってQRコード決済機能の提供が終了したため、ネット上での決済に限って利用できる仕様になったのです。

Amazonポイントは利用できない

Amazonポイントは、Amazonで買い物をした際に貯まるポイントのことで、時間の購入時に利用できます。

ECサイトで貯めたポイントを他社のサイトで利用できるサービスもあるため、混同するユーザーもいるでしょう。

しかし、Amazonポイントは基本的にAmazon Payを導入しているECサイトでは利用できないため注意してください。

Amazon Payに関するよくある質問

Amazon Payに関するよくある質問は以下の通りです。

  • Amazon Payが使える店は?
  • Amazon Payにキャンペーンはある?

それぞれ詳しく解説します。

Amazon Payが使える店は?

Amazon Payが使える店は出前館やBUYMA、コジマネットやピッコマなど約1万社以上のECサイトで利用可能です。

またAmazon Payを使ってふるさと納税もできるため、より安全な環境で寄付ができます。

Amazon Payにキャンペーンはある?

Amazon Payは定期的にキャンペーンを実施しており、2023年11月2日時点ではAmazonギフトカード大還元祭が開催されています。

Amazonギフトカード大還元祭は対象ECサイトでAmazon Payを利用して1,000円以上の購入をした方全員を対象にしたキャンペーンです。

購入1回につき抽選を1回でき、10円分・100円分・1,000円分・10,000円分いずれかのAmazonギフトカードが当たります。

過去には毎金土日は最大金額戻ってくるチャンスや最大3.0%ギフトカード還元キャンペーン、あと払い(ペイディ)キャンペーンが実施されていました。

いずれのキャンペーンも期間限定のため、定期的に「購入者向けキャンペーン一覧」を確認するとよいでしょう。

Amazon Payのまとめ

今回はAmazon Payについて解説しました。

Amazon PayはAmazonアカウントに登録された情報を利用して支払えるため、情報入力の手間を省けることがメリットです。

セキュリティがしっかりしており、クレジットカードの情報入力もないため、情報漏洩の心配がありません。

キャンペーンも定期的に開催されているため、お得に買い物ができる点も魅力です。

この機会にAmazon Payを利用して、ネットショッピングを便利なものにしてください。

おすすめの記事