B/43(ビーヨンサン)とは?メリット・デメリットや使える店などを紹介

「B/43ってなに?どんな店で使えるの?」

「メリットやデメリットが知りたい」

B/43はVISAプリペイドアプリと家計簿アプリを合体させたサービスです。

アプリから簡単にVISAプリペイドカードを作成できることもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、B/43について詳しく解説します。

メリットやデメリット、使える店なども紹介するため、ぜひ参考にしてください。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、アメックスカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

B/43とは

B/43はチャージ式のVISAプリペイドカードと、家計簿アプリが一体化したサービスです。

VISAプリペイドカードなため、利用するには事前に予算をチャージする必要があります。

チャージは「コンビニ」「銀行ATM」「銀行振込」から入金できます。

「いつ・どこで・何に・いくら」お金を使ったのかを自動で管理してくれるため便利です。

B/43を利用して支払いをすると、利用明細と残り予算が通知されるため、予算を意識しながらの生活が可能です。

また、ポケット機能を使用することで、利用目的ごとに支出管理ができます。

そのため、予算内で収支をやりくりしたり、使いすぎを防止したりできます。

カードの発行やアプリの利用は無料で、カードに500円(税込)課金することで、タッチ決済可能なICチップ付きカードにグレードアップ可能です。

B/43のメリット

B/43のメリットは以下の通りです。

  • セキュリティが万全
  • 年会費やチャージが無料
  • 審査なしで申し込み・発行できる
  • PayPayや交通ICカードと連携できる
  • ペアカードを利用すれば2人で支出管理できる

それぞれ詳しく解説します。

セキュリティが万全

B/43はセキュリティが万全で、外部の監査会社からクレジットカード業界のセキュリティ基準「PCIDSS」の基準認定を受けています。

金融庁から資金移動業の認可も受けているため、安心して利用できます。

万が一不正利用された場合は30日以内であれば10万円まで補償ありますが、一定の条件があるため注意しましょう。

年会費やチャージが無料

B/43は年会費が無料で、磁気カードの初回発行も無料でできます。

また、チャージは銀行振込やコンビニ払い、あと払いチャージなどで入金でき、月に2回まで無料で引き出せます。

全国の銀行ATMからペイジーを利用すると、無料で入金できるため、手数料を抑えて入金したい場合におすすめです。

審査なしで申し込み・発行できる

B/43はアプリで申し込みができ、運転免許証やパスポートがあればすぐに登録完了します。

さらに、カードの発行に審査はありません。

また、ペア口座の開設もスマートフォンでお互いのQRコードを読み取るだけで申し込みから発行まで行えます。

PayPayや交通ICカードと連携できる

B/43はPayPayに登録できるため、スマホ決済としても利用可能です。

PayPayをクレジットカードと連携すると、ポイント付与対象外となってしまいます。

そのため、ポイントを貯めることを重視する方には不向きかもしれませんが、支払いをスマートにできます。

また、モバイルSuicaもPayPayと同様にB/43を登録でき、B/43の残高からチャージ可能です。

そのため、何にお金を使ったのか、細かい部分まで家計簿で確認できます。

ペアカードを利用すれば2人で支出管理できる

B/43ではペアカードが作成でき、それぞれのスマートフォンで支出管理ができます。

パートナーとの同棲生活で片方だけが家計簿をつけたり、お財布の管理をしたりすると、負担がかかってしまいます。

B/43であれば2人で一緒に管理できるため、負担軽減が可能です。

婚姻関係を問わず利用できるため、共有の口座や家族カードの作成を諦めていた方におすすめです。

B/43のデメリット

B/43のデメリットは次の通りです。

  • 銀行振込や出金は手数料がかかる
  • カードが届くまで利用できない
  • クレジットカードはポイント付与対象外の可能性がある

それぞれ詳しく解説します。

銀行振込や出金は手数料がかかる

B/43は銀行口座から入金できますが、銀行振込で入金する場合は各銀行の振込手数料がかかります。

そのため、銀行口座から入金する場合は振込ではなく、事前に銀行口座を登録して入金する方がよいでしょう。

カードが届くまで利用できない

B/43はカードを発行してから手元に届くまで決済できません。

カードが届くまでにかかる日数は、本人確認の申請後から5〜6日程度です。

そのため、早めに手続きを済ませておくことをおすすめします。

クレジットカードはポイント付与対象外の可能性がある

B/43にクレジットカードを経由してチャージした場合、ポイント付与の対象外になる可能性があります。

JCB系クレジットカードはポイント付与されませんが、セゾンアメックス系クレジットカードはポイント付与されます。

そのため、基本的にセゾンアメックス系クレジットカードからチャージするとよいでしょう。

B/43に関する3つのよくある質問

B/43に関するよくある質問は以下の3つです。

  • B/43の使い方は?
  • B/43が使える店は?
  • B/43が使えない場合はどうしたらいい?

それぞれ詳しく解説します。

B/43の使い方は?

B/43の使い方は以下の通りです。

  1. 1ヶ月分の予算を設定
  2. カテゴリ別の予算を設定
  3. カードにチャージ
  4. プリペイドカードで代金を支払う

プリペイドカードの支払い方法は、一括払いのみとなっているため注意してください。

B/43が使える店は?

B/43はVISAプリペイドカードなため、VISAマークのある実店舗やネットショップで利用できます。

ただし、一部のVISA加盟店ではプリペイドカードやデビットカードでの支払いを受け付けていません。

そのため、実際に利用する場合はVISAプリペイド式クレジットカードで支払いができるかを確認しましょう。

B/43が使えない場合はどうしたらいい?

B/43が使えない場合の原因と対処法は以下の通りです。

原因対処法
カードの利用開始手続きが完了していないBID番号を入力して利用開始手続きを完了させる
カードを一時停止しているアプリで一時停止を解除する
残高が足りていない買い物で利用する金額分の残高があるかを確認し、足りない場合はチャージする
カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報が間違っている正しく入力できているかを確認する
一括払い以外を選んでいる分割払いやリボ払いは利用できないため、一括払いを選ぶ
カードを決済端末で読み取る際の方向が間違っているスライドする方向は間違っていないかを確認する
購入金額の上限に達している1回の購入金額上限は1,000,000円(税込)
ICチップの読み取りが必要な加盟店である磁気カードはICチップを搭載していないため、事前に確認する
カードの利用が制限されているB/43に問い合わせる

上記を参考に試してみてください。

B/43まとめ

今回はB/43について詳しく解説しました。

B/43はスマートフォンから簡単にVISAプリペイドカードが作れるサービスです。

自動的に支払い履歴が残るため、家計簿として管理しやすいことが特徴です。

手元に現金がない場合も後払いチャージできるため、必要なものを必要なときに購入できます。

ただし、カードが届くまで利用できないため、早めに作成しておく必要があります。

B/43を利用して面倒な支出管理を簡単なものにしましょう。

おすすめの記事