クイックペイってどんなアプリ?メリットや使い方も詳しく解説!

クイックペイは便利な決済アプリですが、その特徴や使い方について、皆さんは詳しく知っていますか?この記事では、クイックペイの概要やメリット、設定方法、後払い機能について解説します。

クイックペイを使いこなして、スムーズな決済体験を手に入れましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミが多いクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

クイックペイとは?

クイックペイは、クレジットカードと連携した電子マネーです。

クイックペイを利用できるのは、クイックペイのロゴが表示されているお店です。お店のレジや決済端末にクイックペイのロゴがあれば、そこでクイックペイを利用することができます。多くの大手チェーン店や飲食店、コンビニエンスストアなどがクイックペイに対応しており、利用する機会が増えています。

クイックペイを利用するためには、Apple Payが搭載されたiPhoneやおサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンが必要です。これらのデバイスに自分のクレジットカード情報を登録し、クイックペイを有効化することで利用することができます。

また、クレジットカードの種類によっては、クイックペイの専用カードやクイックペイ一体型のクレジットカードを発行することも可能です。

クイックペイとクレジットカードの違い

クイックペイは、クレジットカードなどとの連携を前提とした電子マネーです。

一方で、クレジットカードは、現金がなくても商品やサービスの代金を支払えるカードです。お店でクレジットカードを利用すると、クレジットカード会社が代わりに支払いをしてくれます。その後、ひと月の利用金額がまとめてカード会社から請求される仕組みです。

クイックペイとクレジットカードは、利用金額をあとで支払うポストペイ型のキャッシュレス決済である点は共通しています。しかし、クイックペイとクレジットカードでは、以下の2点に違いがあります。

  • 支払い方法
  • ポイント還元率

クイックペイとクレジットカードの、支払い方法とポイント還元の違いを、以下の表にまとめました。

クイックペイクレジットカード
支払い方法・クレジットカードと連携可能・スマホやカードをかざすだけ・一括払いのみ対応・分割払いやリボ払いも可能・カード挿入のみの場合がある・暗証番号が必要な場合がある
ポイント還元・ポイントが無い・クレジットカードと連携すれば、そのクレジットカードのポイントが貯まる・クレジットカードのポイントが貯まる

クイックペイのメリット

バンドルカード現金化の注意点として、主に以下の4つが挙げられます。

  • 事前のチャージが不要
  • 暗証番号が不要
  • ポイントが貯まる
  • 対応店舗が多い

それでは順番に見ていきましょう。

事前のチャージが不要

クイックペイはポストペイ型と言われる後払い式の電子マネーであるため、事前にチャージしておく必要がありません。クイックペイに紐づけたカードに請求がいき、クレジットカードであれば1ヶ月分まとめて翌月に請求されます。

そのため、クイックペイは支払い前にチャージ残高があるか確認したり、残高がなくなったらチャージしたりといった手間を省ける点が魅力的です。利用する際には、クイックペイの残高を気にする必要がなく、利便性が高いと言えます。

暗証番号が不要

クイックペイは暗証番号やサインが不要なため、数秒で決済が完了します。

レジにある決済端末にかざし「クイックペイ」と音が鳴るまで数秒間待つだけです。この迅速な決済手続きは、忙しい日常生活や混雑した場面での利用において、非常に便利です。

例えば、朝の通勤ラッシュ時や昼休みのレストランでの支払いなど、混雑している場所でもクイックペイを利用すれば、支払いで慌てる必要がありません。

短時間でスムーズに支払いを済ませることができますので、待ち時間の短縮やスムーズなレジ処理が可能です。

ポイントが貯まる

クイックペイ自体にポイント制度はありませんが、紐づけたクレジットカードのポイントを貯めることができます。

一般的に、クレジットカードのポイントプログラムでは、利用金額に応じてポイントが付与されます。たとえば、1,000円の利用で1ポイントが貯まるといった、具体的なルールが設定されていることがあります。

また、クレジットカードのポイントは、通常のカード利用時と同様に、特典やサービスとの交換が可能です。例えば、航空会社のマイルに交換したり、商品やギフトカードと交換したりすることができます。

クイックペイを積極的に利用することで、日常の支払いでもポイントを効率的に貯めることができ、お得な特典を享受することができるでしょう。

対応店舗が多い

クイックペイは、全国188万カ所以上のコンビニエンスストア、ガソリンスタンド、スーパーマーケットなど、様々なお店や施設で利用することができます。

クイックペイが広く普及しているため、日常の買い物や外出先での支払いに便利に利用することができます。

クイックペイを導入しているお店は非常に多いため、支払いの際に対応していないお店に出くわすことは稀です。特に大手のコンビニエンスストアやスーパーマーケット、ガソリンスタンドなどは、ほとんどの場合でクイックペイが利用できる環境が整っています。

クイックペイの設定方法

ここでは、スマホの種類ごとに、クイックペイの設定方法をご紹介します。以下の順番で解説します。

  • iPhoneでの設定
  • Androidでの設定

それでは順番に見ていきましょう。

iPhoneでの設定

iPhoneでクイックペイ対応カードを設定するためには、まずウォレットAppを利用してApple Payに登録する必要があります。この手続きをスムーズに進めるためには、以下の手順に従ってください。

まず、最新のiOSが搭載されたApple Pay対応のiPhoneを用意し、さらにクイックペイ対応のカードとApple IDも必要です。これらを用意してから始めましょう。

  1. iPhoneのホーム画面から「ウォレット」というアプリを起動
  2. 画面右上の「+」ボタンをタップ
  3. 「クレジットカードなど」を選択
  4. 「続ける」ボタンをタップし、案内に従ってカード番号、有効期限、セキュリティコードなどの必要事項を正確に入力
  5. カード発行元の情報確認が終わると、登録が完了

この手続きを完了すると、ウォレットApp内でクイックペイ対応カードが表示され、利用する準備が整います。クイックペイを使いたい場合は、対象のお店でiPhoneを近づけるだけで簡単に決済ができます。

Androidでの設定

Androidデバイスでクイックペイ対応カードを設定するためには、Google Payアプリでの登録が必要です。以下の手順に従って設定を行いましょう。

まず、Andorid OS 5.0以降かつFeliCaを搭載したAndroidデバイスと、クイックペイ対応カードを用意します。これらを準備してから次の手順に進んでください。

  1. Androidデバイス上でGoogle Payアプリを起動
  2. Google Payアプリを開いたら、画面上部のメニューアイコン(三本線)をタップし、メニューから「お支払い方法」を選択
  3. 「お支払い方法」画面で、「クレジット/デビット/プリペイド」をタップ
  4. カード情報の入力が完了したら、「続行」ボタンをタップ
  5. その後、表示される規約内容を確認し、「同意して続行」をタップ
  6. 指紋認証やパスコードなど、デバイスの設定に応じた方法で認証
  7. 認証が完了すると、クイックペイ対応カードがGoogle Payに正常に追加され、利用可能

これで、Androidでの設定が完了です。

店舗でのクイックペイの使い方

iPhoneの場合、QUICPayでの支払いを行う際には以下の手順に従います。

まず、顔認証(Face ID)が要求されますので、顔を正面に向けることで認識され、支払いを認証することができます。Touch ID搭載のiPhoneを使用している場合は、ホームボタンに指を置くことで指紋認証(Touch ID)が行われ、支払いが認証されます。

その後、スマホをかざし、クイックペイの音が鳴ることで、成功したことが示されます。

一方、Androidの場合は簡単です。端末にクイックペイ対応カードを設定していれば、支払い時にカードを端末にかざすだけで支払いが可能です。

クイックペイの後払いとは?

クイックペイの後払いは、審査なしで利用可能です。

ここでは、クイックペイの後払いについて、以下の事項を解説します。

  • クイックペイの後払いを審査なしで利用する方法
  • クイックペイの後払いの使い方
  • クイックペイの後払いにおすすめのクレジットカード

それでは順番に見ていきましょう。

クイックペイの後払いを審査なしで利用する方法

Kyashアプリを利用することで、クイックペイの後払いを審査なしで利用する方法がおすすめです。Kyashは後払いアプリの中で唯一、そのプリペイドカードをクイックペイに登録することが可能です。他の後払いアプリでは、「このカードは登録できません」とエラーが表示されることがあります。

また、審査なしで利用できるクレジットカードを活用する方法もあります。一部のクレジットカードでは、審査なしでの発行が可能な場合があるのです。これらのクレジットカードを取得し、クイックペイに登録することで、後払いが利用できるようになります。

クイックペイの後払いの使い方

Kyashによる後払いの手順は、以下の通りです。

  1. Kyashアプリを開き、バーチャルカードを表示
  2. 「Apple PayまたはGoogle Payを設定」ボタンをタップ
  3. 「設定を始める」ボタンをタップ
  4. SMSを認証
  5. 利用規約に同意
  6. クイックペイに登録が完了

このようにKyashを活用することで、審査なしでクイックペイの後払いを利用することができます。

クイックペイの後払いにおすすめのクレジットカード

ここでは、クレジットカードを利用してクイックペイの後払いをする場合に、おすすめのクレジットカードを2つご紹介します。ここでご紹介するクレジットカードは、以下の通りです。

・楽天カード

・リクルートカード

それでは順番に見ていきましょう。

楽天カード

対応しているクレジットカードの中でも特におすすめなのは楽天カードです。楽天カードはVisa、Mastercard、JCBのいずれのブランドでも利用することができます。

楽天カードは年会費無料のクレジットカードです。ただし、3回以上の分割払いを選択した場合には手数料が発生します。しかし、クイックペイでの利用の場合は1回払いとなりますので、手数料の心配はありません。

さらに、楽天カードは還元率が高く、1%です。つまり、100円ごとの利用に対して1円分の楽天ポイントが貯まります。この還元率の高さからも、楽天カードの利用はおすすめです。貯まった楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天トラベルでの旅行予約などに利用することができます。

リクルートカード

リクルートカードは、還元率が非常に高い1.2%という点が魅力的です。100円の利用に対して1.2ポイントが付与されるため、積極的に利用することでポイントを効率よく貯めることができます。

また、リクルートカードのポイントは、ぽんたポイントやdポイントにも交換することができます。さらに、リクルートカードは年会費無料であり、1回払いの手数料も無料です。

クイックペイまとめ

本記事では、クイックペイについて解説しました。

クイックペイは事前のチャージが不要で、暗証番号も不要な便利な決済アプリです。さらに、ポイントが貯まったり、対応店舗が多いという利点もあります。設定方法も簡単で、店舗での使い方もスムーズです。また、クイックペイの後払い機能も利用できます。

クイックペイを便利な決済手段として、上手く活用しましょう。

おすすめの記事