後払いワイドの審査が厳しいって本当?利用方法や使えるサイトを解説

後払いワイドは、クレジットカード不要で最大30万円まで後払いができるサービスです。

しかし、限度額が高かったり、分割・リボ払いができたりするところから、「審査が厳しいのでは?」という不安を持つ人も少なくありません。

今回は後払いワイドの審査や利用方法、使えるサイト、支払い方法について解説していきます。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、電話確認無しのクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

後払いワイドとは

後払いワイドは初回10万円、最大30万円まで後払いできるサービスで、次のような特徴があります。

  • クレジットカードがなくても利用できる
  • 最大2ヶ月後に支払い
  • 分割払いやリボ払いにも対応している

それぞれの特徴について、詳しく説明します。

クレジットカードがなくても利用できる

後払いワイドは利用するにあたり、クレジットカードが不要です。

氏名、住所、電話番号などの入力と、本人確認書類のアップロードで申し込みができます。

さらに、SMS認証を行い、短時間の審査に通過すると決済完了です。

2回目以降は、事前に発行した会員IDとパスワードを入力するだけで後払いができます。

クレジットカードを登録したくない人や、クレジットカード持っていない人でも、後払いでショッピングが可能です。

最大2ヶ月後に支払い

後払いワイドは商品の到着確認後に代金を支払うサービスなので、手元に現金やクレジットカードがなくても、今すぐ欲しい商品を購入できます。

月間に何度利用しても支払いは毎月1回だけ、利用日から最大で2ヶ月後の支払いです。

分割払いやリボ払いにも対応している

後払いワイドは1回払いの他に、分割払いやリボ払いにも対応しています。

1回払いが難しい高額なショッピングでも、分割やリボ払いにすれば、月々の負担を軽減できます。

ちなみに、分割・リボ払いの手数料は、実質年率15%です。

後払いワイドの審査は厳しい?

一般的なクレジットカードの審査通過が難しい人でも、後払いワイドの申込資格をクリアしていれば、審査通過の可能性は十分にあります。

後払いワイドの申込資格は、「18歳以上(高校生は除く)で、電話連絡可能かつ安定した収入のある人、またはその配偶者」です。

安定した収入があれば、パートやアルバイトでも審査に通る可能性があります。

また、配偶者の収入が安定していれば、専業主婦(主夫)で無職の人でも審査に通るかもしれません。

ただし、信用情報はチェックされるため、過去にクレジットカードやカードローンの滞納などがある場合は、審査に通過できない可能性があります。

後払いワイドの利用方法

後払いワイドは、対応するECサイトの支払方法選択時に「後払いワイド」を選択し、利用手続きを開始します。

ECサイトによっては、事前に会員登録が必要となるため、先に必要事項の入力を済ませてください。

後払いワイドを初めて利用する場合、ここで本人確認書類のアップロードが必要です。

注文の確定後、SMS認証と短時間の審査が行われ、審査終了後に商品購入の手続きが完了します。

なお、9:00~20:00までの申し込みは即日審査の結果が通知されますが、夜間の申し込みは翌日の回答です。

後払いワイドが使えるサイト

後払いワイドが使えるECサイトは、以下のとおりです。

  • タンタンショップ+Plusプラス
  • PCボンバー
  • LOBOR JAPAN
  • XPRICE
  • APRO-SHOPヤフー店
  • GBFT Online
  • eightloop
  • サイクルワンダー
  • 東洋羽毛-公式通販サイト-
  • わたネット
  • ALONZA
  • Rigna
  • 酒おとどけ
  • お茶元胡蝶庵

いずれのECサイトでも、後払いワイドを利用する時はログインIDとパスワードが必要です。

なお、Amazonや楽天など、大手ECサイトでは後払いワイドを使えません。

後払いワイドの支払い方法

後払いワイドの支払い方法は、コンビニ払い、銀行振込、口座振替の3種類です。

支払期日や手数料の違いを、以下の表にまとめました。

支払い方法支払期日手数料
コンビニ払い毎月1日初回無料、2回目以降は支払金額に応じて66円~550円
銀行振込毎月1日
※1日が金融機関休業日の場合、翌営業日
口座指定の振込手数料
口座振替毎月1日
※1日が金融機関休業日の場合、翌営業日
無料

支払いの利便性や手数料を参考に、自分に合った方法を選んでください。

後払いワイド審査落ち!代わりに使える後払いアプリ

後払いワイドの審査に落ちた場合でも、代わりに後払いができるアプリを紹介します。

ペイディ|メルカリの利用実績に応じて限度額がアップ

ペイディは、AmazonやSHEIN(シーイン)など、大手ECサイトで利用できる後払い決済サービスです。

さらに、ペイディアプリで本人確認を完了し、所定の審査に通過すれば、VISA加盟店で使えるペイディカードの発行や、手数料無料の3回あと払いが利用できるようになります。

ペイディの審査は過去に「ペイディの未払いがないか」なので、収入や信用情報はチェックされません。

限度額は初回5万円程度からスタートし、ペイディの利用実績に応じて最大20万円程度までアップします。

メルペイ|ペイディの利用実績に応じて最大20万円程度まで後払いOK

メルペイは「アプリでかんたん本人確認」を完了することで利用できるようになる後払いアプリです。

審査はメルカリの利用実績が重視され、収入や信用情報はチェックされません。

メルカリやメルカリ以外のECサイトで後払いができる他、バーコード決済やQRコード決済、iD決済を使えば、コンビニや飲食店など実店舗でも利用できます。

なお、限度額は初回1万円程度で、メルカリの利用実績に応じて最大30万円まで設定可能です。

バンドルカード|最大10万円まで後払いでチャージ

バンドルカードは、最大1分でネット専用のバーチャルカードが発行できる後払いアプリです。

現金やクレジットカード、後払いチャージで事前に使う分だけのお金を入金して利用します。

バンドルカードの後払いチャージには「ポチっとチャージ」と「ドコモ払い」の2種類があります。

「ポチっとチャージ」は、バンドルカードの利用状況や支払い状況に応じて5,000円~5万円まで入金可能です。

また、「ドコモ払い」はドコモユーザー限定の後払いチャージ機能で、最大10万円まで審査なしで入金できます。

どちらの後払いチャージ機能も、収入や信用情報はチェックされません。

後払いワイドは利用できるECサイトが少なめ!使えない時は他のアプリも検討を

後払いワイドはクレジットカード不要で、最大30万円まで後払いが可能なサービスです。

申込資格は「18歳以上で安定した収入がある人か、その配偶者」なので、パートやアルバイトの人でも後払いワイドの審査に通る可能性があります。

しかし、対応する加盟店が20店舗にも満たず、Amazonや楽天市場など大手ECサイトでは利用できません。

審査に落ちたときや、後払いワイドを使いたいサイトがない時は、他の後払いアプリも検討してみてください。

おすすめの記事