メルペイみたいな後払いアプリは他にもある?似ている後払いアプリをまとめて紹介

メルカリ利用者にはお馴染みの「メルペイ」は、後払いサービスも利用できる人気アプリです。

後払いアプリを利用するなら「メルペイ」みたいなアプリがいい!という人も多いはず。

そこで今回は、メルペイみたいな後払いアプリをまとめて紹介します。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、アトネ後払いの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

「メルペイ」はこんな後払いアプリ

メルペイは「株式会社メルペイ」が運営する”メルカリアプリ”を使った決済サービス。

残高をチャージすることで、メルペイ加盟店でお買い物ができるようになります。

便利な後払いサービス「メルペイスマート払い」を利用すれば、事前チャージ不要でお買い物を楽しむことが可能です。

【メルペイの基本情報】

利用限度額上限300,000円
手数料コンビニ・ATM払い220円~880円(金額に応じて変動)
支払い方法自動引き落とし・チャージ・コンビニ・ATM
支払い期日翌月1日~末日の好きなタイミング
利用できるお店id決済対応店・メルペイコード決済対応店
本人確認の有無

メルペイみたいな後払いアプリをまとめて紹介!

では早速、メルペイみたいな後払いアプリを紹介します。

特徴の似ているアプリなので、メルペイ利用者にも使いやすいはず。

メルペイみたいな後払いアプリ1「PayPayあと払い」

”メルペイみたいな後払いアプリ”としておすすめなのが「PayPayあと払い」です。

PayPayあと払いの魅力は、なんといっても利用限度額の高さでしょう。

メルペイも上限額300,000円と高額ですが、PayPayあと払いは最大200万円まで利用可能

PayPayが使える街のお店ならどこでも使えるなど、メルペイのように利用できるお店が多いのも嬉しいポイントです。

利用限度額最大200万円
手数料無料
支払い方法口座振替
支払い期日翌月27日
利用できるお店PayPayが使える街のお店
本人確認の有無

【メルペイに似ているポイント】

  • 利用限度額が高い
  • 利用できるお店が多い

メルペイみたいな後払いアプリ2「バンドルカード」

”メルペイみたいな後払いアプリ”なら「バンドルカード」もおすすめです。

バンドルカードは審査や年齢制限なしで利用できるので、メルペイを利用している学生さんにも選びやすいはず。

支払い方法が豊富な点も、メルペイみたいな後払いアプリと言えます。

リアルカードを発行すれば、実店舗で利用できるのも魅力です。

利用限度額上限50,000円
手数料510円~1,830円(申し込み金額による)
支払い方法コンビニ・セブン銀行ATM・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)
支払い期日翌月末
利用できるお店Visa加盟店
本人確認の有無無(バンドルカードリアル+の申し込みには必要)

【メルペイに似ているポイント】

  • 支払い方法が豊富
  • 実店舗でも利用できる

メルペイみたいな後払いアプリ3「Paidy」

”メルペイみたいな後払いアプリ”を選ぶなら「Paidy」もおすすめです。

メールアドレスと携帯電話番号のみで登録できるので、誰でも気軽に利用できるのがPaidyの魅力。

ペイディプラスを利用することで、利用限度額を上げることや、分割払いの利用もできるようになります。

リアルカードを発行すれば実店舗でも利用できるので、メルペイのように活用できるはず。

利用限度額利用状況によって異なる(目安は30,000円~200,000円程度)※
手数料コンビニ払い390円・銀行振込手数料(利用する金融機関による)
支払い方法コンビニ・銀行振込・口座振替
支払い期日翌月10日(口座振替の場合は12日)
利用できるお店Visa加盟店
本人確認の有無有(ペイディプラスの利用に必要)

※利用限度額の目安(明確な利用限度額は不明)

  • ペイディの利用限度額は30000円程度が目安
  • ペイディプラスの利用限度額は30,000円~200,000円程度が目安

【メルペイに似ているポイント】

  • 利用限度額が高い(ペイディプラス利用を前提とした場合)
  • リアルカードを発行すれば実店舗でも利用できる

メルペイみたいな後払いアプリ4「atone(アトネ)」

”メルペイみたいな後払いアプリ”を探している人には「atone(アトネ)」もおすすめ。

面倒な書類手続きなど不要で簡単に登録できるのがatoneの魅力です。

実店舗で利用するには、本人確認されていることや、atoneの利用履歴が十分あることが条件になるので注意が必要です。

支払い方法も豊富なので、メルペイのように利用しやすいはず。

利用限度額上限50,000円
手数料209円(税込み)→請求書払いのみ
支払い方法コンビニ・ATM・口座振替・請求書
支払い期日翌月10日・翌月20日・翌月27日(支払い方法によって異なる)
利用できるお店atoneマークのある通販サイト・atoneコード決済対応店

【メルペイに似ているポイント】

  • 支払い方法が豊富
  • atoneコード決済を使えば実店舗でも利用できる

メルペイみたいな後払いアプリ5「Kyash(キャッシュ)」

”メルペイみたいな後払いアプリ”なら「Kyash(キャッシュ)」もおすすめです。

「イマスグ入金」を利用すれば、翌月後払いで買い物代金を支払えます。

支払いも翌月末までと、メルペイのように支払い期日に余裕があるのも嬉しいポイント。

リアルカードを発行すれば実店舗でも利用できます。

利用限度額上限50,000円
手数料500円~1,800円(申し込み金額に応じて変動)
支払い方法コンビニ・チャージ
支払い期日翌月末
利用できるお店Visa加盟店
本人確認の有無

【メルペイに似ているポイント】

  • 支払い期日に余裕がある
  • リアルカードを発行すれば実店舗でも利用できる

メルペイみたいな後払いアプリの比較ポイント

続いては、メルペイみたいな後払いアプリの比較ポイントを見ていきましょう。

アプリ選びに悩んだときの参考にしてください。

利用限度額を比較する

メルペイみたいな後払いアプリを比較するときは、利用限度額を比較するのがポイントです。

メルペイは利用限度額が上限300,000円と、後払いアプリの中でも高いのが特徴です。

利用限度額が高ければ、クレジットカードのように活用の幅も広がるはず。

実際にメルペイの利用限度額に満足している人は多く、メルペイが後払いアプリとして人気の理由と言えます。

後払いアプリ選びに悩んだときは、メルペイのように利用限度額を高めに設定している後払いアプリを探してみましょう。

ただし、実際に自分がいくら利用できるかは、審査結果や利用状況によっても変わるので注意が必要です。

支払い方法を比較する

メルペイみたいな後払いアプリを比較するときは、支払い方法を比較するのもポイント。

お買い物に便利な後払いですが、忘れてはならないのが翌月の支払いです。

うっかり支払いに遅れて延滞すると、大変なことになってしまいます。

メルペイは豊富な支払い方法から好きな支払い方法を選べるのも魅力。

自分が支払いしやすい方法を選べば支払いも苦にならないでしょう。

後払いアプリを選ぶときは、どんな支払い方法があるかもチェックしておくこと。

メルペイのように、支払い方法が豊富な後払いアプリだと便利です。

利用できるお店を比較する

利用できるお店が多く、使い勝手のよさもメルペイの魅力です。

メルペイみたいな後払いアプリを比較するときは、利用できるお店も比較してみましょう。

後払いアプリによって利用できるお店は異なるため、登録の前に確認することが大切です。

メルペイのように後払いを利用したい人は、実店舗でも利用できる後払いアプリを選ぶのがおすすめです。

自分が普段利用するお店で使えるかも、忘れずにチェックすること。

実店舗の利用には別途申し込みが必要なアプリや、利用条件があるアプリもあるので、その点も確認しておきましょう。

まとめ

メルペイみたいな後払いアプリを紹介しましたが、参考になったでしょうか?

基本的な特徴は似ているアプリばかりですが、メルペイと異なる部分もあるので登録前によく確認しましょう。

おすすめの記事