B/43で後払いは出来る?利用前に知っておくべきメリット・デメリットも解説

B/43(ビーヨンサン)と言われても聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

B/43は、簡単に言うとチャージ式プリペイドカードの一種です。

チャージ式プリペイドカードは、現金をカードに残高チャージすることで、チャージした分だけをキャッシュレス決済が出来ます。

しかも、クレジットカードのように後から請求が来る心配もないのが特徴です。

ところがB/43は、一般のチャージ式プリペイドカードと違い、様々な使い方が出来ます。

では、B/43ではどのような使い方が出来るのでしょうか?また、後払い決済は出来るのか?など詳しく説明していきましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、20万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

B/43とは?

B/43は、前述でも説明したようにチャージ式のプリペイドカードです。

他のプリペイドカードと大きく異なるのは、家計簿アプリがセットになっているのでお金の流れが一目瞭然でわかるところでしょうか。

また、ペアカードや親子カードを利用するとふたりで支出を共有でき、リアルタイムでアプリに支出額が反映されるのでお金の使い方を管理できます。

ペアカードは、夫婦だけでなく誰でも作ることが出来るので、結婚していない同棲カップルも家族カードとして利用することが出来ますよね。

B/43はVisaカードが使えるお店ならどこでも使えるので、お財布代わりに利用してみてはいかがでしょうか。

B/43で後払い出来る?審査は?

B/43には、後払いチャージというシステムがあります。

チャージする現金がなくてもお金を借りる感覚で申請した金額をチャージしてくれるのです。

後払いでチャージした金額は、翌月末までにコンビニで支払います。

とはいえ、多めに申請しても現金化は出来ませんので注意しましょう。

また、申請の都度審査が行われます。

金額によっては断られることもあるようなので、節度をもった使い方をお勧めします。

さらに手数料も掛かりますので支払いはチャージ分+手数料となることを覚えておきましょう。(手数料は金額によって異なります)

B/43利用にあたって知っておくべきメリット・デメリット

  1. 家計簿アプリがセットになっている
  2. ペアカードが作れる
  3. 親子カードが作れる
  4. チャージ分を出金できる
  5. 後払いチャージが出来る
  6. チャージ金額の失効期間がある

B/43を便利に使えるメリットやデメリットをして紹介していきます。利用を考えている方は参考にしてみてください。

1.家計簿アプリがセットになっている

B/43のアプリには家計簿機能が備わっています。

カードでお買い物をするだけで家計簿アプリに反映されるので、アプリで予算をカテゴリー設定しておけば、面倒な家計簿をつける必要もありません。

また、Visaカード使えるお店ならどこでも使用可能のため、お財布代わりに使えばお金の流れも一目瞭然で把握することが出来ますね。

2.ペアカードが作れる

クレジットカードのセカンドカードとして作れる『家族カード』は家族限定ですが、B/43は家族でなくても作ることが出来ます。

夫婦だけではなく、恋人同士や同棲カップルでも利用できるのがポイントです。

チャージ金額を生活費の一部として共有すれば、何にいくら使ったか、あといくら使えるかをふたりで管理することが出来ます。

また、予算をカテゴリー別に設定しておけば、お金の使い方もお互いに意識することが出来るでしょう。

3.親子カードがつくれる

ジュニアカードを子供に持たせると子供のお金の使い方を把握することが出来ます。

子供がカードで支払いをするとリアルタイムでアプリ反映されるため、利用状況が分かるのがポイントです。

またチャージした金額内でしか利用できないので、使いすぎの心配もありません。

子供一緒にお金の使い方を考えることも出来るので、上手に利用してみましょう。

なお、ジュニアカードは後払いチャージは出来ません。

4.チャージ分を出金できる

多めに入金してしまったけど現金が必要になった!となっても心配ありません。

チャージした分はセブン銀行のATMで引き出すことが出来ます。

しかし、これは現金チャージした分に限りますので、この後説明する『後払いチャージ』をした分は出金することは出来ませんので注意してください。

5.後払いチャージができる

現金が無くても「後払いチャージ」することでスマホで簡単に残高チャージが出来ます。

1回につき3,000円~利用可能な上限額をアプリで申請することで申請額をチャージしてくれるサービスです。

しかし、これはお金を借りているのと同じなので翌月には必ず支払わなければなりません。

また、後払い申請時にはその都度手数料が掛かってしますので支払い時には、チャージ分+手数料を支払う必要があります。

ただし「後払いチャージ」でチャージした金額は、現金として引き出すことは出来ませんので、万が一利用する場合は、必要金額のみを申請することをお勧めします。

6.チャージ金額の失効期間がある

B/43を利用する上で一番注意しなければならないのは、5年間入出金がないと使えなくなってしまうことです。

カード内に残高があっても失効してしまうので、今後使う予定がない場合は、早めに使い切るか、出金して現金に戻しておきましょう。

B/43後払いチャージを利用する方法

  1. B/43アプリをダウンロードする
  2. カード発行手続きをする
  3. 利用開始手続きをする
  4. 金額を指定して申請をする
  5. 翌月末日までに支払いをする

B/43の「後払いチャージ」を利用するために必要な手順を分かりやすく説明していきます。

利用を考えている方は参考にしてみてくださいね。

1.B/43アプリをダウンロードする

B/43を利用するためには、まずアプリをダウンロードする必要があります。

既にダウンロード済みの方は、次のステップに進んでください。

2.カード発行手続きをする

カードの発行がされていないと「後払いチャージ」も利用することは出来ません。

ダウンロードしたアプリ内からカード発行の手続きをしましょう。

カードが手元に届いていないと次の手続きをすることは出来ませんので、まだカードを持っていない方は利用するまでには数日かかります。

3.利用開始手続きをする

カードが手元に届いたら利用するための登録をしましょう。

アプリ内の案内に従って入力し必要事項を登録します。その際、本人確認が必要になりますので、身分証明などは手元に用意しておいてください。

4.金額を指定して申請をする

利用手続きが完了したら、いよいよチャージ金額の申請です。

アプリから希望チャージ額を入力して申し込みをしてください。

チャージ金額は3,000円以上で利用限度額内で申請できます。

「後払いチャージ」申請の都度、審査がありますので支払いは期限内に済ませることが大切です。

仮に多めにチャージしても現金として引き出すことは出来ませんので注意してください。

翌月に支払いが出来る範囲で申請するようにしましょう。

チャージ申請は、限度額内であれば月に何度でも利用することが可能ですが、申請の都度手数料が掛かることを覚えておいてくださいね。

また月末で締めて翌月の支払額が確定したら、支払いが終わるまでは「後払いチャージ」の利用は出来ません。

5.翌月末日までに支払いをする

「後払いチャージ」をした分は、翌月末日までに支払いをします。

ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマートなどのコンビニの端末で手続きをして、好きなタイミングで支払ってください。

支払いにはチャージ金額+手数料が必要です。

また、末日を過ぎると延滞料金が加算されるだけではなく、今後「後払いチャージ」のサービスを受けられなくなる可能性もありますので注意しましょう。

まとめ

B/43は、家計簿アプリと一体化したチャージ式のプリペイドカードです。

カードにチャージした金額はVisaカードが利用可能な店舗やネットショップで使うことが出来ます。

使ったお金は家計簿アプリに反映されるので、家計簿をつける必要もなく、お金の管理をすることが可能です。

もし、チャージするお金がない!と困った時でも「後払いチャージ」を利用すれば、希望金額をチャージできる特徴があります。

しかし、どんなカードでも共通して注意して欲しいのは、期限内に支払いをするということでしょう。

これから利用を考えている方は、B/43の便利な機能を上手に使って利用することをお勧めします。

おすすめの記事