【バンドルカードの類似アプリ】おすすめの後払いアプリTOP6

そもそも「バンドルカード」とは何か?から説明していきますね。

バンドルカードは、アプリをインストールしてお金をチャージするだけで、Visaカードとして使えるキャッシュレス決済の一つです。

通常のチャージ使用なら本人確認も必要なく、気軽に利用できます。

ただし、スマホのバーチャルカードはWebショッピングでしか利用できません。

実店舗でも利用したいなら、リアルカードも同時に発行すると良いでしょう。

また、セブン銀行が提供する「ポチっとチャージ」を利用すれば、後払いでチャージすることも出来ます(利用には審査が必要)。

では、バンドルカードと同じように後払いが出来るアプリはあるのでしょうか?

お勧めのアプリをいくつか紹介していきましょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、口コミ高評価のクレジットカードの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

【バンドルカードの類似アプリ】後払いができるおすすめの後払いアプリ6選

  1. メルペイ
  2. PayPay(ペイペイ)
  3. Paidy(ペイディ)
  4. FamiPay(ファミペイ)
  5. B/43(ビーヨンサン)
  6. atone(アトネ)

後払いが利用できれば、お給料前のお金が無い時でも気にせずお買い物が出来ますね。

では後払いが出来るアプリはどんなものがあるのでしょうか。

厳選して紹介していきますので、参考にしてみてください。

1.メルペイ

メルペイは、㈱メルペイが提供するキャッシュレス決済の一つです。

フリマアプリ「メルカリ」を利用している方なら利用している方も多いのではないでしょうか。

登録した銀行口座からチャージし、バーコード決済や「iD」対応のお店ならスマホをかざすだけで簡単に支払いが完了します。

メルカリの売上金もチャージする手間なく利用できるのでメルカリユーザーにお勧めの決済方法です。

そのメルペイには、「スマート払い」というサービスがあります。

「スマート払い」を利用して支払いをすれば、利用代金は翌月にまとめて支払うことが可能です。

支払いはメルペイ残高から手動で支払うか、銀行口座から自動でチャージして毎月指定した日に引落す方法があります。

2.PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ)は、セブン銀行やローソン銀行からチャージした金額をスマホで簡単に決済できるアプリです。

事前に本人確認をすれば銀行口座の登録も可能で、スマホ操作で登録口座からのチャージも出来ます。

PayPayで支払いをすればポイントも貯まり、ポイントを支払いで利用することも可能です。

また、アプリで受け取れるキャンペーンやクーポン利用でさらにお得に使うことが出来ます。

PayPayで後払いをするには、「PayPayクレジット(旧あと払い)」を利用しましょう。

これは、PayPayカード申し込みで後払いチャージが出来るサービスです。

利用代金はまとめて翌月に登録口座から引き落としされます。

3.Paidy(ペイディ)

Paidy(ペイディ)は、後払い専用に作られたアプリです。

メールアドレスと携帯電話番号があれば、簡単に登録ができ、本人確認の必要もありません。

また、事前のチャージ不要で人気のショップサイト「Amazon」や「Qoo10」はもちろん、Visaマークのあるネットショップならどこでも後払いでお買い物ができます。

本人確認をすれば、分割での利用も可能です。

利用代金は翌月の支払い期限内にまとめて支払います。

さらに、リアルカードを発行すれば実店舗でのお買い物も楽しむことが出来ます。

4.FamiPay(ファミペイ)

主にファミリーマートで使えるFamiPay(ファミペイ)は、アプリに現金チャージすることでキャッシュレス決済が出来る便利なアプリです。

現在はファミリーマート以外でも使えるお店やネットショップも増えてきているようですね。

そのFamiPayで後払い決済が出来るのが「FamiPay翌月払い」というサービスです。

事前のチャージ不要で使った分は、翌月まとめて銀行口座引き落としまたは、ファミマ店頭で支払います。

公共料金や請求書払いの支払いに利用できるのも嬉しいポイントですね。

またポイントも貯まり、お得なクーポンを利用することも可能。

ファミマファンにお勧めのアプリです。

5.B/43(ビーヨンサン)

B/43(ビーヨンサン)は、家計簿機能が備わった便利なアプリです。

通常は、事前の現金チャージで使用します。

お買い物をした分は、家計簿アプリに自動で反映されるので家計簿をつける手間もなく、お金の流れを把握できるのが特徴です。

アプリでの利用はネットショップのみですが、リアルカードを発行すればVisaマークのあるお店舗ならクレジットカードと同様に利用することも出来ます。

また、ペアカードやジュニアカードを申し込めば家族でお金を共有できるのが魅力です。

さらに「後払いチャージ」を利用することで、後払いでお買い物を楽しめます。

後払いでチャージした金額を翌月にまとめて支払うサービスです。

ただし、後払いでチャージするたびに、手数料と審査が必要になります。

6.atone(アトネ)

atone(アトネ)は、簡単な登録で後払い決済ができるアプリです。

主にネットショップでのお買い物に利用できます。

初回限度額は、5万円で利用状況によって限度額を上げることも可能です。

利用代金は、コンビニや口座振替などで翌月にまとめて支払います。

また、本人確認登録で実店舗でも利用することが出来るようですが「atone」マークのある店舗でしか使えません。現時点で利用できる店舗は少ないため、ネットショップでの利用にお勧めです。

タイプ別に【バンドルカードの類似アプリ】をご紹介

どれにしようか迷ったらPayPayクレジットがおすすめ

PayPayアプリ内からPayPayカードを申し込めば、 チャージ不要で後払い決済が出来る「PayPayクレジット」を利用することが出来ます。

バーチャルカードやリアルカードでクレジットカード同様に使用できるのはもちろん、支払い方法を「残高払い」から「クレジット」に切り替えるだけで、PayPay決済が後払いで利用可能です。

利用限度額は状況により変わりますが、最大で50万円の利用ができます。

また、200円毎に1ポイントのPayPayポイントも貯まり、アプリ情報でクーポンの使用やお得なお買い物ができるのもお勧めポイントです。

さらに、不正利用防止対策もしっかり取られているので、安心して利用することが出来るのではないでしょうか。

限度額で選ぶならメルペイ定額払いがおすすめ

メルペイで後払い決済をするには、2通りの方法があります。

その1つは「メルペイスマート払い」です。

これは、利用代金を翌月にまとめて支払うことが出来るサービスです。

もう1つは「メルペイ定額払い」といって、利用代金の返済を月々定額で支払う方法です。

どちらも本人確認をする必要がありますが、利用状況によっては、最大で50万円の限度額と言われています。

大きなお買い物をした時には「定額払い」で月々の返済額を抑えられるので安心ですね。

また「スマート払い」で購入した代金をあとから「定額払い」に変更することも可能です。

とはいえ「定額払い」は、いわば「リボ払い」のようなものなので、支払いを引き延ばすほど利息や手数料が掛かってしまうので利用には注意が必要です。

利用できる店舗数で選ぶならB/43(ビーヨンサン)後払いチャージがおすすめ

前述で紹介した「PayPay」もネットショップや実店舗での利用幅は大きいですが、B/43の「後払いチャージ」もお勧めです。

利用した分は、リアルタイムで家計簿アプリに反映されるため、日々の家計簿記入の手間もなく、お金の流れが把握できます。

しかもリアルカードを発行することで、Visaカードとしてで使えるので実店舗での利用がしやすいこともお勧めポイントの一つです。

カード利用には事前に「後払いチャージ」しておく必要がありますが、何にどれだけ使ったかを自分で管理できるので上手に利用すれば便利にお買い物を楽しめます。

また、利用限度額を予め設定しておくことで使いすぎを防ぐことも可能です。

バンドルカードの類似アプリの選び方のポイント

  1. 利用目的を考える
  2. 支払期日や支払い方法を確認する
  3. 利用上限額を設定できるものを選ぶ

上記に紹介したアプリ以外にも「後払い」が利用できるアプリはたくさん存在します。

では、利用する際にどんな点に注意して選んだら良いのか?そのポイントを考えていきましょう。

1.利用目的を考える

利用目的を大きく分けると

①ネットショップでの買い物

②実店舗での利用

の2つではないでしょうか。

ネットショップでは使えるけど、街のお店では使えないというものもあります。

また、利用できるお店が少ないことも考えられます。

自分が良く利用するお店で使えないのでは意味がありませんよね。

なのでネットショップにしても、実店舗にしても利用できるお店を事前に調べておくと良いでしょう。

2.支払期日や支払い方法を確認する

同じ後払いでも、支払いの仕方はそれぞれ違うので注意が必要です。

利用するごとに1~2週間で支払わなければならないものと、1ヶ月の利用代金をまとめて翌月に支払うものがあります。

また、利用アプリによってクレジットカードで返済するものや、口座振替、コンビニ払いなど様々な支払い方法があるのも事実です。

自分が無理なく払える方法を選ぶのもポイントです。

3.利用上限額を設定できるものを選ぶ

後払いでお買い物をするときに失敗してしまうのは、つい使い過ぎてしまうことではないでしょうか。

支払いは翌月だから…と思っても、翌月の支払いの段階になって金額に驚くことになるかもしれません。

そんな失敗を回避するために、利用金額を自分で設定できる機能があるものも多くあります。

事前にひと月の予算を決めて設定しておけば、使い過ぎる心配もありませんね。

便利な機能を賢く利用して楽しくお買い物をすることも大切です。

まとめ

バンドルカードのように後払いで利用できるアプリをいくつか紹介してきましたが、後払いにはメリットと同様にデメリットもたくさんあります。

便利に使うために、事前に利用できるお店や支払い方法を確認するなどして自分にあったアプリを選びましょう。

おすすめの記事