バンドルカードをフル活用!バーチャルカード発行からチャージ方法までメリットを完全ガイド

近年、キャッシュレス決済の利用者が増えており、現金を出すことなくカードだけで会計が完了するショッピングスタイルが主流です。

クレジットカードやデビットカードなど多様なカードが存在しますが、中でもスマホひとつでショッピングが可能なバーチャルカードが注目を集めています。

今回は、そんなバーチャルカードの一つ、「バンドルカード」に焦点を当てて解説していきます。

この記事を読むことで、バンドルカードが何であるか、どのように使うのか、そして注意すべき点についての理解が深まるでしょう。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、バンキットの現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

バンドルカード|審査なしで作成可能なVisaプリペイドカード

バンドルカードとは、Visaのプリペイドカードの一つで、オンラインショッピングやVisa加盟店で利用可能です。

カードへ残高のチャージが必要ですが、審査が不要なため、クレジットカードの取得が難しい高校生などでも利用できます。

また、海外使用や大きな金額のチャージを希望する方にもおすすめです。

バンドルカードのメリット

ここでは、バンドルカードを利用するメリットについて詳しく説明します。

すぐにチャージ可能な「ポチっとチャージ」

バンドルカードのアプリ内機能「ポチっとチャージ」を使用すれば、カード残高がゼロでも即座に入金できます。

さらに、利用した月の翌月末までが支払い期限となるため、支払いに時間的余裕が生まれます。

使い過ぎの防止と即時の利用履歴確認

バンドルカードは先に設定した金額をチャージする方式を採用しています。

これにより、予定以上の金額を使い過ぎる心配がありません。

また、バンドルカードの利用履歴はリアルタイムでアプリに反映されるため、支払い額や現在の残高を即座に確認できます。

多数のネットショップとサブスクリプションサービスでの利用

バンドルカードは多様なネットショッピングやサービスで利用可能です。

大手ECサイトのAmazonやメルカリ、音楽と映画のサブスクリプションサービスのNetflixやSpotify、さらにはタワーレコードのようなリテールショップでも使用できます。

バンドルカードを発行してみよう

バンドルカードのバーチャルカードを発行する手順は以下の通りです。

  1. アプリの「新規登録」タップ
  2. 電話番号を入力し、届いたSMS認証番号を入力
  3. ユーザーIDとパスワードを設定
  4. 生年月日、性別、お住まいの地域を入力
  5. 内容を確認して登録

なお、バンドルカードのアプリはiPhoneとAndroidの両方のスマートフォンに対応していますので、ご自身の端末に合わせてダウンロードしてください。

バンドルカードへのチャージ方法

バンドルカードは多くのチャージ方法を提供しています。

ここでは特に人気のある3つのチャージ方法について説明します。

  • ポチっとチャージ
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ払い

それぞれチャージ可能額や手数料が異なるため、自分に合ったチャージ方法を選んでください。

1. ポチっとチャージ

ポチっとチャージはアプリから直接、すばやくチャージを行う方法です。次の手順で操作します。

  1. アプリで「+チャージ」をタップ
  2. 「ポチッとチャージ」を選択
  3. 必要な情報を入力し、利用規定に同意
  4. チャージしたい金額を入力してOKをタップ

ポチっとチャージの限度額は5,000円からスタートし、利用状況に応じて3,000円~50,000円までチャージが可能です。

ただし、チャージ金額に応じて手数料が発生します。詳しい手数料は以下の通りです。

チャージ金額手数料
3,000円 〜 10,000円510円
11,000円 〜 20,000円815円
21,000円 ~ 30,000円1,170円
31,000円 ~ 40,000円1,525円
41,000円 ~ 50,000円1,830円

なお、翌月末の支払日には、チャージ金額+手数料の合計を支払います。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMでチャージする手順は以下のとおりです。

  1. アプリで「+チャージ」をタップ
  2. 「セブン銀行ATM」を選択
  3. ATMの「スマートフォンでの取引」をタップし、アプリのQRコードを読み取る
  4. アプリに表示された企業番号4桁をATMに入力し、チャージ金額を入力

なお、セブン銀行ATMでのチャージは1,000円単位で可能です。

コンビニ払い

コンビニでのチャージは、次の手順で行います。

  1. アプリで「+チャージ」をタップ
  2. 「コンビニ」を選択
  3. チャージ金額を入力し、「この金額で決定する」をタップ
  4. コンビニの端末で操作またはバーコードを提示し、レジで支払う

こちらも1,000円単位でチャージが可能です。

他にも、ネット銀行から振込でチャージや、ドコモ払いで即チャージなどの方法もあります。

自分にとって最も便利な方法を選んでチャージしましょう。

バンドルカードをコンビニやスーパーで使うには?

バンドルカードは、その便利さからバーチャルカードとしての使用が一般的です。

しかし、実店舗での支払いには、バンドルカードリアル(リアルカード)の発行が必要です。

以下に、その発行方法と使用方法を解説します。

リアルカードの発行方法

バンドルカードリアルはアプリから手軽に発行できます。その手順は次の通りです。

  1. アプリで「カード」をタップ
  2. 「リアルカード発行」を選択
  3. 希望のカード仕様を選択
  4. お気に入りのデザインを選択し、「このカードを選ぶ」をタップ
  5. 各項目にチェックを入れ、「発行する」をタップ

バンドルカードリアルの発行には300円の手数料が必要です。なお、カードは1~2週間で送付されます。カードが届いたら、アプリ内で有効化を行ってください。

リアルカードでの支払い方法

バンドルカードリアルは、コンビニやスーパーなどの実店舗でも利用可能です。

支払い時にレジで「カード払いで」と伝え、必要に応じて「クレジットです」と答えます。

最後にレシートに署名すれば、支払い完了です。

バンドルカードリアルを活用して、さらに幅広いショッピング体験を楽しんでください。

バンドルカードはだれでも簡単に発行できる!チャージを活用してより便利に

ここまでバンドルカードとは何か、メリットやデメリット、支払い方法などを紹介していきました。

バンドルカードの発行に年齢制限は無く、後払い式ですぐにチャージできる機能もあるため非常に便利です。

このように、多機能なバンドルカードは、計画的に利用すればあなたの生活をさらに便利で豊かなものにしてくれることでしょう。

上手に活用し、趣味や日常生活の一部に組み込んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事