メルペイとはどんなアプリ?メリットや使い方などを解説します

皆さんはメルペイという決済サービスをご存知でしょうか?

メルペイには、便利なメリットだけでなく、注意すべきデメリットもあります。

使い始める前にチェックしておけば、メリットを最大限に活用し、デメリットを最小限に抑えることができるでしょう。

それでは、メルペイの特徴、メリットやデメリット、便利な使い方について解説していきます。

お金を借りると言えば、CMでもよく流れている「カードローン」ですが、カードローンに手を出したくないという人は多いです。

もし、信用情報機関に信用情報が登録されるのを避けたい、信用情報にキズが付くことを心配しているのであれば、40万円をクレジットカード現金化の利用がおすすめです。

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を利用するので通常の買い物と同等の扱いになり、信用情報に一切キズは付きません。

即日現金を調達することも可能なので、一時的な現金不足に困った際はカードローンだけでなく、クレジットカード現金化も検討してみるといいでしょう。

メルペイの特徴

メルペイは、Amazonや楽天といった大手ECサイト、全国のコンビニや飲食店などの加盟店で利用できるスマホ決済サービスです。ネットや実店舗で利用できるだけでなく、次に示すような特徴があります。

  • 2種類のチャージ方法がある
  • メルカリの売上金が使える
  • 後払い決済ができる
  • バーコード・QRコード・iD決済に対応
  • お得なクーポンが活用できる
  • バーチャルカード発行で使えるお店が増える

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

2種類のチャージ方法がある

メルペイスマート払いは、銀行口座とセブン銀行ATMの2種類でチャージすることができます。

銀行口座からチャージする手順は、以下の通りです。

  1. メルカリアプリを起動する
  2. マイページの「 + 増やす」をタップする
  3. 「銀行・ATMからチャージ」をタップする
  4. 「チャージ方法」と「チャージ(入金)の金額」を選ぶ
  5. 金額を確認して、「チャージする」をタップすれば完了

セブン銀行ATMからチャージする手順は、以下の通りです。

  1. ATM画面に表示された「スマートフォンでの取引」をタップする
  2. メルカリアプリを起動する
  3. マイページの「 + 増やす」をタップする
  4. 「銀行・ATMからチャージ」をタップする
  5. チャージ方法をタップし、「セブン銀行ATM」を選ぶ
  6. チャージするをタップする
  7. QRコードを読み取るをタップする
  8. ATM画面に表示されたQRコードを読み取る
  9. ATM画面で「次へ」をタップする
  10. スマートフォン画面に表示されている「企業番号」を確認してATM画面に入力する
  11. ATMで「確認」をタップする
  12. チャージしたい金額をATMに投入する
  13. 入金金額を確認する
  14. アプリに通知がきたらチャージ完了

メルカリの売上金が使える

メルペイが登場するまでは、基本的に売上金は現金化するか、メルカリ内で買い物をするしか方法がありませんでした。

しかし、メルペイは売上金を現金化しなくてもそのまま電子マネーとして活用できるのが最大の特徴です。

電子マネーとして活用する場合、事前に本人確認や銀行口座を登録することで自動的に売上金がメルペイの残高になります。

ただし、本人確認や銀行口座の登録をしていない場合は、売上金でポイントを購入する必要性があります。

いずれにしても手元の現金を使わずにスムーズに買い物ができるので、非常に利便性が高いと言えるでしょう。

メルカリで商品を出品している人ほど恩恵が大きいため、利用しない手はありません。

後払い決済ができる

メルペイの大きな特徴の一つとして挙げられるのが、後払い決済の「メルペイスマート払い」が使えることです。

メルペイスマート払いは、クレジットカードのように1ヶ月間で使った金額を、翌月1日~末日までの好きなタイミングで清算できます。

お金がない時でも清算を翌月に回せるので、突発的な買い物に役立ちます。

なお、メルペイスマート払いを利用する場合、「アプリでかんたん本人確認」が必要です。

申し込みをする場合は、運転免許証やマイナンバーカード等の本人確認書類、自分の顔写真を準備しておいてください。

バーコード・QRコード・iD決済に対応

メルペイスマート払いはバーコード、QRコード、iD決済に対応しているのが大きなポイントです。

それぞれの利用状況に応じて好きな方法で支払いができるので、様々な場面で利用していけるでしょう。

お得なクーポンが活用できる

メルペイは定期的に加盟店で使えるお得なクーポンを配布しているのが大きな特徴です。

配布されているクーポンの多くは割引率が高く、コンビニやスーパー、飲食店でお得に利用できます。

バーチャルカード発行で使えるお店が増える

バーチャルカードとは、オンラインショッピングに利用できるカードのことでです。

バーチャルカードを発行することによって、オンラインのMastercard加盟店で買い物ができるようになるため、さらに買い物できる範囲が広げられます。

メルペイスマート払いを使う時に知っておきたい情報

メルペイやメルペイスマート払いを使う時に知っておきたい情報は、以下の通りです。

  • メルペイスマート払いの始め方
  • バーチャルカードの発行方法
  • メルペイスマート払いの支払い方法

それでは、メルペイスマート払いを使う時に知っておきたい情報についてご説明しましょう。

メルペイスマート払いの始め方

メルペイスマート払いの始め方は、以下の通りです。

  1. メルカリアプリをインストールする
  2. アプリを起動してメルペイをタップする
  3. 「使い方」からメルペイスマート払いを選ぶ
  4. 利用規約に同意する
  5. パスコードを入力して完了

以上の簡単な手順で始められます。

バーチャルカードの発行方法

バーチャルカードお発行方法は、以下の通りです。

  1. メルカリアプリを起動する
  2. メルペイをタップする
  3. ネットのお店で決済をタップする
  4. 案内に従って進む
  5. 詳しくミルをタップする
  6. バーチャルカードの発行が完了する

以上の簡単な手順で発行できます。

メルペイスマート払いの支払い方法

メルペイスマート払いの支払い方法は、以下の通りです。

  1. あらかじめお店でも使えるメルペイスマート払いの設定を済ませる
  2. 店舗で支払う時にバーコード、QRコード、iD決済のいずれかで支払うことを伝える
  3. 提示された端末にスマホをかざして支払い完了

以上の簡単な手順で支払えるので非常に利便性が高いです。

メルペイはどんな人におすすめ?

メルペイは、無職や信用情報機関にブラックリスト入りしている人、クレジットカード代わりに使いたい人などにおすすめです。

メルペイスマート払いは元々限度額が30万に設定されているので、それでもクレジットカード代わりに使うのに十分な菌が気だと言えます。しかし、メルカリの利用実績や支払い状況に応じて審査があるので、誰でも最初から30万円も使えるわけではありません。

したがって、クレジットカード代わりに使うなら毎月の支払い期限を絶対に守れる人が望ましいでしょう。

また、使用する際に収入や信用情報がチェックされないため、無職や信用情報機関にブラックリスト入りしている人でも使えるのが大きなポイントです。

クレジットカードなどの審査を受ける場合、安定した収入がなかったり職に就いていなかったり、ブラックリスト入りしている人はほぼ審査に通過できないと言って良いでしょう。

しかし、メルペイスマート払いなら収入やブラックリスト入りしているかどうかは関係ないので活用できる可能性があります。

とはいえ、メルペイスマート払いの支払いも滞納してしまうと、メルカリが利用できなくなったり、遅延損害金が請求されたりしてしまうので注意しましょう。

メルペイは誰でも手軽に使える決済サービス

メルペイは利便性が高いキャッシュレス決済サービスで、特にメルカリを利用しているユーザーにとってメリットの恩恵が大きいと言えるでしょう。

もちろんメルカリを利用していなくても、本人確認や銀行口座を登録することで利用できるので、登録に手間取ることもありません。

現在手元にお金がない場合でもメルペイスマート払いで翌月にまとめて清算できるので、すぐにほしいものがあった時に非常に役立ちます。

興味がある人は、是非ともメルペイに登録してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事